Language Language
メニュー
Language Language
メニュー
文字サイズ
A
A
A

運輸安全マネジメントに関する取り組みについて

京成バス株式会社では、「運輸安全マネジメント」に基づき、輸送の安全を確保するため、平成27年度、全社員が一丸となって下記の通り取り組みを行いました。

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

  • 取締役社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを認識し、社内において輸送の安全の確保に主体的関与を果たしてまいります。また、事業所における安全に関する声に耳を傾けるなど現業部門の状況を十分に踏まえつつ、社員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
  • 当社は、輸送の安全に関する「計画の策定、実行、チェック、改善(これを「Plan Do Check Act」という。)」を実施し、輸送の安全性の向上に努めてまいります。また、輸送の安全に関する情報について公表いたします。
    当社では「安全性の優先」「関係法令の遵守」「事故に係る数値目標の達成」「安全の推進と継続的改善」を安全理念として社員一丸となり輸送の安全を確保します。

2. 輸送の安全に関する目標及びその達成状況

当社は、輸送の安全目標として、平成27年度「安心・安全の3大目標」「事故減件目標」「事故点数(事故内容を当社基準により点数化したもの)目標」を設定し、目標達成に向けて取り組みました。さらには、京成バス安全プランに基づき安全に関する取り組みも実施しました。

  • 当社では、平成23年度から事故の取扱い方の見直しを行った結果、走行中の飛び石による傷などを含め軽微な事故すべてが報告されるようになり、会社全体で事故に対する意識が向上しています。
  • 平成27年度「安心・安全の3大目標(死亡事故 0件・人身事故 93件以下・飲酒運転 0件)」では、死亡事故及び飲酒運転はいずれも0件であったものの、人身事故119件(軽傷事故を含む)発生させてしまいました。
    このため、事故防止に係る基本動作(バス停発進時の安全確認)の研修を緊急的に実施した他、車内事故防止に係る安全確認及び安全用語の活用について周知徹底を継続的に行っております。
  • 平成27年度の「事故減件目標」は580件に対し566件、また「事故点数目標」は945点に対し932点で、ともに目標を達成することが出来ました。

3. 事故に関する統計

平成27年度中に発生した自動車事故報告規則第2条に該当する事故

事故(第二当事者事故・車両火災等を含む) 7件
車両故障 50件

4. 安全管理規程

安全管理規程の主な内容

  • 輸送の安全を確保するための事業の運営方針
  • 輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の体制
  • 輸送の安全を確保するための事業の実施及びその管理の方法
  • 安全統括管理者の選任及び解任に関する事項

5. 輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

1. 京成バス「3S運動(安心・安全・省エネ)」について

3S運動とは、従前より当社が展開してきた接客・接遇の向上を目指す「BMK推進運動」(ベストマナー向上推進運動)と並ぶ京成バスの2大運動と位置づけ、全社的に実践しているもので、「安心 smile・安全 safety・省エネ saving energy」が一体であることを認識し、全ての人の安心を目指しております。
平成20年より乗務員を対象に貢献度に応じて付与されるポイント数に基づいた表彰制度を新設し、これまでに内容の充実を進めてまいりました。
なかでも乗務員から寄せられた、ヒヤリハット情報(ドライブレコーダ映像)が、教育資料として採用されるとポイントが付与される制度は、平成26年は312件であったのに対し、平成27年は408件と増加し安全意識の向上に寄与しているものと考えられます。

2. 京成バス安全プランについて

国土交通省では、事業用自動車に係る事故の削減を目的として、「事業用自動車総合安全プラン2009」について提言がなされ、関東運輸局・公益社団法人日本バス協会では、それに基づきプランを策定しています。
当社でも、本提言を踏まえて、事故削減のための強化期間と位置づけ、公益社団法人日本バス協会で策定された「バス事業における総合安全プラン2009」に基づいた計画として「京成バス安全プラン」を策定し、本プランに沿って取組みを進めています。

平成28年度 京成バス安全プランの目標を達成するための施策(※は重点施策)

  • ※運輸安全マネジメントの推進
  • ※乗務員教育の推進
  • ※営業所業務の改善
  • 車両の安全対策
  • 運行に関わるトラブルの撲滅
  • 健康管理の推進
  • 不測の事態への対応力強化

3. 輸送の安全に関する施策

当社では、安全管理規程に基づいて以下のとおり実施いたしております。

  • 輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令および安全管理規程に定められた事項を遵守いたします。
  • 輸送の安全に関する費用支出及び投資を行うよう努めます。
  • 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じます。
  • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたします。
  • 輸送の安全に関する教育および研修に関する具体的な計画を策定し、これを適確に実施いたします。

4. 輸送の安全に関する実績額及び予算

輸送の安全性向上を目的として取り組んだ「安全に係る機器の装備、各種運動の活動費用など」のほか、当社では全従業員を対象とした規制薬物検査を実施しています。
また、事故や有事の際に車両の位置を瞬時に把握できるバスロケーションシステムの拡大や乗務員向け安全運転教材として、安全運転実践DVDを作成しました。
尚、これら実績を金額に示すと以下のとおりとなります。

  • 平成27年度実績 491百万円
    主な内容
    • バスロケーションシステムの拡大(市川営業所・新都心営業所・習志野出張所)
    • 電子点呼システムの導入
    • 安全運転実践DVD作成
    • 沿線住民啓発ラッピングバス
    • フロント・バックソナー(増設)
    • 3S運動推進関連(表彰・PR等)
    • デジタコ一体型ドラレコの代替
    • 車内事故防止1画面式モニター(増設)
    • LEDヘッドライト(増設)
    安全啓発用チラシ(安全のしおり)
    安全啓発用チラシ(安全のしおり)
    安全運転実践DVD
    安全運転実践DVD
  • 平成28年度予算 169百万円
    主な内容
    • 乗務員向け各種教育・研修の強化
    • 車内事故防止1画面式モニタ
    • 運行管理者向け各種教育・研修の強化
    • 運転席仕切り板(増設)
    • SAS(睡眠時無呼吸症候群)対策
    • 3S運動推進関連(表彰・PR等)
    • 健康管理(脳ドック受診)

5. 交通安全教室の開催

くるま社会と言われる今日、当社では交通事故防止を願い、沿線住民の方々にルールや事故防止のため、平成19年より各営業所で「交通安全教室」を実施しておます。
また、平成27年度は交通事故現場をスタントマンが再現する、スケアードストレート交通安全教室を9営業所で実施しました。

これまでの開催実績

平成19年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 合計
6回 6回 5回 8回 7回 7回 14回 15回 31回 99回
内輪差についての実演
(江戸川営業所)
内輪差についての実演
ヒヤリハット映像による講話
(習志野出張所)
ヒヤリハット映像による講話
スケアード・ストレート
(スタントマンによる実演)
スケアード・ストレート

6. 貸切バス事業者安全性評価認定

当社では、公益社団法人日本バス協会より、安全に対する取り組み状況が優良なバス会社として「貸切バス事業者安全性評価認定制度」による最上位の「三つ星」認定を受けております。

貸切バス事業者安全性評価認定制度

6. 輸送の安全に係る情報の伝達体制その他の組織体制

事故、災害等が発生した場合における当該事故、災害等に関する具体的な報告連絡体制としては、危険の程度により、「対策本部の指示体制」 を構築しております。また、組織体制及び指揮命令系統については、「京成バス㈱ 輸送の安全に関する組織図」 によります。

平成27年度は、緊急事態発生時の対策とし「バスジャック統一対応マニュアル」に沿って、乗務員の初動対応の徹底を目的として、警視庁および千葉県警察本部のご協力とご支援を頂き、2度のバスジャック対応訓練を実施しました。

また、当社では、社長以下役員、関係部課長と労働組合をメンバーとした安全統括委員会を毎月開催しております。当委員会では、営業所で開催された事故防止対策委員会の安全に係わる取組みを総括し、安全に関する情報の共有を行って事故防止の推進を図ることとしております。

7. 輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

当社では、輸送の安全に関する目標を達成するため、 運転士及び運行管理者を対象とした研修を定期的に開催しております。
また、当社の優秀なOB講師による安全運転訓練車研修、京成グループの自動車教習所による実車研修により、技術面においても充実を図っております。
一方で、春・夏・秋・年末年始の各交通安全運動等における職場巡視や管理職による毎月1回の早朝巡視など、あらゆる場を活用して、輸送の安全性向上に努めております。

1. 従業員への周知徹底方

研修開催状況 平成27年度(実績)

入社時研修 12回(参加137名)
フォローアップ研修 23回(参加150名)
入社3ヵ月研修 13回(参加129名)
新任運行管理者研修 2回(参加 9名)
入社2年目研修 4回(参加 78名)
運行管理者実務研修 14回(参加164名)
入社4年目研修 4回(参加 78名)
京成ドライビングスクール実車研修 80回(参加237名)
安全運転訓練車研修 113回(参加605名)
運転士実務研修 20回(参加524名)

尚、運行管理者研修では理解度を把握するため、研修終了後に確認テストを行って運行管理面からも事故防止に役立てているほか、営業所巡回指導員を配置し、日常的な運行管理者への指導、助言を行っております。

2. その他

  • 当社では、社長以下全従業員に、毎年、運転記録証明書の提出を義務づけ、勤務時間外においても、法令違反の抑止及び安全意識の向上に努めております。
  • セーフティドライバーズちば(千葉県)とセーフティドライバー・コンテスト(東京都)にも従業員が積極的に参加し、安全意識の向上を図っております。
  • 飲酒運転防止の指導を充実させることを目的に、管理職は飲酒運転防止インストラクター養成講座を受講し、受講後はインストラクターとしてアルコールについての基礎知識を乗務員に知らしめています。
  • 平成28年1月に全乗務員に対する「バス停における基本動作の徹底」に関する実車研修をしたことに加え小集団活動等で、ヒヤリハットタブレット、飲酒運転体験メガネ、高齢者疑似体験グッズ、危険予知トレーニング(KYT)、安全教育DVD、安全教育冊子、国土交通省発行の事業用自動車安全通信及び事故情報等を活用して教育強化に努めたほか、危険箇所やヒヤリ・ハット体験についてのディスカッションを行うなど、情報の共有を図り事故防止に役立てています。
  • 全車両に装着したドライブレコーダによる実際の事故映像やヒヤリ・ハット情報提供による映像を教育用に編集し、営業所に設置のモニターに映像を流すほか、各運動期間中に営業所に出向き、情報を共有することにより事故防止に役立てています。

8. 輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置

当社では、輸送の安全の確保状況を点検するため、全営業所で内部監査を実施して常に適格な状況を維持するよう努めております。
平成27年度も、概ね1ヶ月に1営業所の頻度で、運輸安全マネジメントに関する内部監査を継続的に実施いたしました。また、内部監査の実施結果については、社内の安全統括委員会にて定期的に報告・改善措置の検討を行うほか、経営トップへも報告を行っております。

9. 安全統括管理者に係る情報

当社では、安全統括管理者として、常務取締役 土井 健史 を平成23年6月24日付けで選任しております。また、不測の事態に備え、補助者を選任し、付属辞令を発令しております。

  • 安全統括管理者の責務(安全管理規程第10条参照)
  • 平成27年度の主な活動実績
    • 意識の徹底・・・安全に関わる情報や注意喚起等の配信、従業員研修、職場巡回、従業員との懇談、早朝巡視で行う点呼査察等、あらゆる場を活用しての啓発活動
    • 実施及び管理の体制の確立、維持・・・組織及び連絡体制の構築、機能性の随時チェック
    • 方針、重点施策、目標及び計画の実施・・・安全管理規程第3条(方針)、第4条(重点施策)、第5条(目標)、第6条(計画)に定める各内容の実施
    • 報告連絡体制の構築・・・安全管理規程第13条(報告連絡体制)に定める内容の実施
    • 措置・・・安全管理規程第15条(内部監査)に定める、内部監査結果を経営トップへの報告と輸送の安全の確保のための措置を実施
  • 平成28年度の主な活動計画
    • 運輸安全マネジメントの定着化・・・営業所におけるPDCAサイクルの確実な推進
    • 安全管理体制の継続的な改善・・・国土交通省による第6回運輸安全マネジメント評価監査(平成26年2月)における助言・期待事項への対応
    • 運行管理者の業務効率化をはじめとした、営業所業務の改善
    • 乗務員に対して真に実効性のある教育の推進
    • 乗務員の健康管理の徹底・・・SAS・脳ドック受診等
    • 事故防止対策・・・事故減件目標の達成、車内事故防止対策
    • 不測の事態等への対応力強化・・・テロ・バスジャック対策の全社員への浸透

以 上